記事一覧 【計画】誰でも無償で住めて食べれる家を作る!

【計画】誰でも無償で住めて食べれる家を作る!

モカ
カテゴリー
記事
公開日
2018-09-12 08:10:00
コメント数
( 0 )

言葉にした方が実現すると思ったので、書きました

ベーシックインカムを実現させる「ユートピア計画」!

 どんな計画かと言うと、働けなくても、お金が無くても、住める。駆け込み寺のような、家々を作るという計画です。ベーシックインカムを、お金ではなく衣食住を提供して実現させるという試みです。テーマは「お金に支配されない場所」です。主な特徴は、以下です。(※ ベーシックインカムについて

  • 駆け込み寺のように、誰でも住める場所
  • リビングは、いつでも誰でも寝泊まり出来る
  • 運営資金は、援助、個室の家賃、生活保護、事業収益
  • 悩んでいる人も、悩んでいない人も、区別せず受け入れる
  • 部活などがあり、芸術活動や職業訓練などが出来る
  • 食料は、最低限の食材でみんなで料理する
  • 運営者と利用者を、ならべく別けない
  • 得意なことに専念して、助け協力し合って生活する
  • 定期的に集まりを開き、悩み相談やコミュニケーションを取る

(現段階で想像している範囲です、計画が進んでいくに連れて、改善や見直しが必要になると思っているので、あくまでざっくりとした参考として捉えてください)

「立ち上げたい」と思った経緯

 わたし(モカ)は、12階のマンションの屋上から飛び降り自殺をしましたが、体にチタンが入り、現在もなお生きています。それから、無償でお悩み相談を行い、現在は600件以上の相談に乗りました。そこで、様々な悩みを聞いて、お悩み相談だけでは解決できない問題にも直面しました。監禁されているされている人や、孤立している人、によって苦しめられているが関わる人がいない人・・。

(朝日新聞社のウィズニュースに掲載された記事)

 しかし、わたしは1日5人お悩み相談の電話をするのが、やっとでした。自分の力のなさに、落胆していたところ。友人から「イタリアには精神病棟がない」という、話を聞きました。イタリアのバザーリアという、精神病棟の医院長だった人が、除け者扱いするのは人道的ではないとして、自ら精神病を無くす活動をして、イタリアの法律にまでになったそうです。そのとき(2018年4月当時)、わたしはバザーリアが行ったことを「模倣して日本でも実現させよう」と意気込み、計画が始まりました。もちろん、わたしは医院長でもないし、ここはイタリアでもないですが、やれることはあります。バザーリアからは、優劣の社会ではなく、個々を認め合う協力的な社会作りが実現出来る、ということを学びました。では、これから具体的なプランを述べていきます。

まずは事故物件のビル一棟を大胆に借りる

1. 資金援助

支援からこのプロジェクトは始まります。ビル一棟を借りるとしても、家賃が発生するので、わたしの経済力ではすべてを賄えないからです。その為に、最初は身近な周りの方や、ネットでわたしのことを知っている方から、支援を受けられたらと思っています。おそらく、毎月100万円〜200万円くらい?敷金礼金や生活備品などを考えると、最初はまとまった資金が必要になります(1000万円くらい?現在調査中)。数名の経営者や、協力者から、各数十万の資金援助の約束は頂けましたが、まだまだ足りない状況です。

2. ビル一棟を借りる

なぜ、小さな民家ではなく、ビル一棟かというと、世間に強く認知してもらう為です。ビルも、事故物件でも問題ありません。むしろ、何人もの自殺者が出た物件なら、彼らの命を意味あるものになります。もう物件を探す手段は、準備が整っています。

3. メディアで広める

メディアの方々とは元からお付き合いがあるので、ここまで準備が出来たら、テレビや新聞や雑誌に取り上げてもらえると、承諾を得ました。また、協力して頂けるメディア関係者の方がいましたら、わたし(モカ)まで連絡頂けると幸いです。ならべく広く広めたいと思っています。モカに連絡する

4. 資金援助と入居者を集める

メディアによって、広く知ってもらえれば、より援助が受けられると思います。お金も、家も、食べ物も、余っている日本。余裕があって理解のある方から、分けてもらえると思っています。彼らの少しの富だけで、多くの貧しいものが救えるからです。そして、入居者はすぐにでも集まるのですが、真の目的「駆け込み寺」のように、逃げられる場所として無条件に受け入れたいです。

5. ビルの次は家々を増やしていく

すぐに、ビルの個室は埋まります。それから、次に民家を借りていきます。順調に進んでいけば、部活や、コミュニティでの事業の営みなど、援助がなくても自給自足して自立できる環境を整えていきます。話題は、一過性なもの、コミュニティは必要不可欠なものなので、最低限の暮らしを自ら整備する必要があります。そのためには、生活保護も利用して個室だけは生活保護の家賃分(5万円くらい)もらい、家の家賃に当てたり、環境の維持をしていきます。ゆくゆくは、都会から離れて、農家を営めるコミュニティが生まれても良いと思います。

6. 大半がこのライフスタイルになると社会が変わる

資本主義では貧富の差はどんどん広まっていきます。負けている者が、より勝ちにくくなるのです。だったら、最初から資本で勝負しないで「本来の人間の生きがい」のために生きようとする者が増えていくと予測します。好きなことだけをして、生活していく。何かに支配されて生きるのではなく、自由に人生を楽しめる世界になることを、わたしは願います。

7. この計画はオープンソースである

会社ではないので、パクったり、マネしてもらってOKです。むしろ、このような環境が増えてくれれば、嬉しいと思うばかりです。入居者は、より住心地の良い環境を選べるくらいになった方が、いいのです。また、何かで縛って支配しないようにしてください。発起人やまとめ役は「報酬のためでも名誉のためでも権力のため」でも、あってはなりません。

目的は、常に弱い者の味方であることです

【このような方々の協力を求めています】

・資金援助したい(いくらからでも)
・立ち上げに協力したい
・お悩み相談を手伝いたい
・メディアに広めたい
・家やビルを貸したい
・食べ物を提供したい
・運営を手伝いたい
・医療関係者
・法律関係者
・報道関係者
・不動産関係者
・カウンセラー
・芸術家・作家
・発言力や影響力のある方
・何もできないけれど、協力したい気持ちだけはある方

 


✏️ライター:モカ

 株式会社UNI代表・漫画家・お悩み相談。元男性として生まれ、女性を装い自由に生きる。12階から飛び降り自殺生還。貢献とアートをテーマに、活動する。 Twitter https://twitter.com/____usaco Wi..
すべて見る